アーカイブ

Science

学生時代からずっとコンピュータサイエンスの勉強をしてきました。テクノロジーに夢を持っていて、学生時代なんかは(いや、おそらく今も)かなり本気でコンピュータとネットが世界を変えると思ってました。

しかし、その反面、いつも「科学の進歩は僕らをどこへ連れていこうとしているのか」ということが気になってます。

例えば、ITという部分だけを見てもその進歩は凄まじいです。

携帯電話やインターネットが当たり前になり、クライアント機器の処理能力は劇的に向上しました。今では家庭用ゲーム機で、リアルタイムに演算処理する超美麗な3Dゲームが楽しめます。この記事もAppleが販売するMBAでタイプしていますが、とんでもなく薄く軽い、なのにハイパフォーマンスです(編集はiPad)。

これらは僕らをどういう世界に連れて行ってくれるんでしょうか?とっても便利で楽しい世界?

社会を見ていると、”便利な世界になったね”とは単純に割り切れない感じがするんですね。

今から登場する技術がどう社会に影響するのか?それはもっと議論されるべきだと感じてます。原発しかり、今後のネットワーク技術しかり。

議論はしないといけないし、そもそも実はそういうことを考えたり提言したりする人があまりに少ないのではという気さえしてます。

僕らは科学をコントロールすることで、未来もコントロールできる。今からの子供たちのためにもそういうスタンスは大事なんじゃないかと思った昼下がりでした。

P.S. 映画「コンタクト」に登場するパーマージョス神父は印象的です。