アーカイブ

月別アーカイブ: 11月 2015

CfJSummit2015 ロゴ

11/6(金)〜11/8(日)まで東京豊島区の豊島区役所旧庁舎で、Code for Japan Summit 2015が開催されました。今年はほぼ三日間フルに参加させて頂き、特に7日のDay2と8日のDay3は、Brigade(日本全国各地のCode for コミュニティ)関連の企画やセッションチェアをお手伝いさせて頂きました。

この日本のシビックテックの大事なイベントを、昨年と同様、忘れないうちに僕の感じた視点でまとめておこうと思います。

今回は三日間をDay1「行政と動き出す Code for ガバメント」、Day2「シビックテックと動き出す Code for ローカル」、Day3「みんなと動き出す Code for ソーシャル」という流れに分け、このイベントをきっかけに「さぁ、始めよう!」というのがテーマになっています。

Code for AmericaのデザイナーであるMollyさんやGitHubのBenさんなど海外ゲストも来られたり、国・自治体の関係者、デザイナー、NPOなど様々なプレイヤーが様々な切り口(地図、お祭り、教育、災害、資金獲得など様々なテーマ)でセッションが行われ、とても多彩。同じ時間帯に四つほどセッションがかぶるので、昨年以上に「両方聞きたいんだけど」って感じになりました。

加えて、のべ1,000人の方が参加していることもあって、たくさんの人とも交流したいわけです。なので、密度がとても濃い形となりました。

でも、やっぱり各地域のCode for コミュニティが活動してこそのシビックテック。今年はDay2のBrigadeショーケースを皮切りに、シビックテックのABC、そしてマップやお祭りなどの細かなテーマでも各地の取り組みが紹介されていました。

写真:fumihirokato

UntitledUntitledUntitledUntitledUntitled

これは各地のCode for コミュニティがそれぞれ特徴のある活動をしているからで、昨年とは大きく違っています。一年で日本のシビックテック活動がこれだけ進んだという証拠なんじゃないでしょうか。もう一度、上のグラフィックレコーディングを見てください。たくさんのCode for コミュニティの名前が書き込まれていますよ!

また、Day3では「シビックテックブリゲイドミートアップ」というセッションを開催しました。これは今回のサミットをきっかけに全国からコミュニティが集まるのであれば、会える人たちだけでもこのセッションで会って、日頃悩んでいることや話したいことを共有していこうよという趣旨のもの。日程の都合で残念ながら参加できなかったコミュニティもたくさんありましたが、それでも30名以上も参加して頂き、「他のCode for コミュニティと情報を共有したい」という各コミュニティの関心の高さが分かります。

写真:fumihirokato Untitled
Untitled Untitled

Untitled Untitled

Untitled

テーマは「継続性を持って続けていくには?」というもので、グループに分かれてディスカッションしましたが、各グループで話されたことは多種多様。「お金がない、足りない」という資金面から始まり、「一人の人に集中するので、その人が辛くなってきて、やめちゃう」という組織構築の問題、「技術をやりたい人もいれば、オープンガバメントをやりたい人もいる」という動機面の問題など色々です。

こうしたことをそれぞれの地域が自分たちの経験を踏まえて、”完璧な答えでなくても”教え合うという構図こそ、日本のシビックテックの発展に必要なことだと感じます。なにしろ、ここに集まっている人は、シビックテックという未知のものを(失敗もありながら)自ら実践している人たちで、間違いなくこの場にいる人こそが教科書だと思うんです。

シビックテックは課題を認識し、それを解決するアプローチを実践してこそ意味があります。お金だってもらえない、時間だってないなかで、好き好んでなんでこんなことをやっているのか?僕はそこにこそ、このテーマの答えがある気がするんですね。そこを間違えると、絶対にダメなんじゃないかって。お金がいらないわけでも、フルタイムな職員が必要じゃない、というわけでもないです。それが一番じゃないんだろうなぁって思います。

写真:fumihirokato

UntitledUntitled

UntitledUntitled

急成長をとげているCode for コミュニティですが、各地域によって特性に違いがあります。最初に発起人になる人がどういうバックグラウンドを持っているかによっても、その特性が異なってくることもなんとなく分かっています。でも、その違いは大事です。

今後も全国のCode for コミュニティたちが連携しながら、ときには近隣のコミュニティどうしで協力しながら、ボトムアップ型で成長していけたらと感じています。まだまだ始まったばかりのシビックテックですが、日本を変える新しい形として機能できるよう、皆さんと頑張っていけたらと感じた三日間でした!

このイベントをギリギリまで準備してくれたスタッフの方々、イベントに理解を示してくださったスポンサーの皆さまに感謝です!

Brigade Meetup

全員集合