ウルトラアート七夕縁日の凄さ

7月12日(土)、7月13日(日)と能美市辰口温泉で開催されたウルトラアート七夕縁日は大盛況のうちに終了しました。

二日間、運営側の一人として現場にいながら感じたことは、能美市の普通の人たちがこの縁日をとても楽しんでいること。アートが普通の人たちに展開されていく様子が感じられました。ほんとに近所から集まってきて、そこに座ってアートを楽しむ。そんな姿があちらこちらで見かけられました。子供たちもとても多く、家族の楽しむ姿はまさにアートの縁日!

それは運営サイドもそうで、このイベントの実施の大部分は能美市在住やゆかりの人たちが手弁当で助け合って実施されています。

 

今、多くの地域でアートを軸にしたまちづくりや地域活性化、観光誘客が試みられています。能美市のウルトラアートもその一つと言ってしまえばそれまでなんですが、幾つかの可能性を感じました。

  1. 地域の普通の場所がアートエリアになる
    今回の場所は「辰口温泉」でした。会場になった多くの場所がそうですが、特にアートを映えるように見せるために作られた場所ではありません。それどころか、そこは普段から普通に使われている農道だったり、駐車場だったりしています。
    なので、完璧を目指そうと思えば不満も出てくるところはないわけではありません。しかし、通常の空間がアートを展開できる空間になるということは、町全体をアート一色にしていこうと思った時に、それは大変な強みになると思います。
    今回の七夕縁日で、ウルトラアートの実行部隊がそれをできるということを証明できたことは大変な意義だったのではないかと思います。


  2. 市民が主体になって参加するアートイベント
    一日目だけで少なく見積もっても2,500人以上の方が参加されていたそうです。(失礼な話ですが)普段はそんなに賑わうことのない場所が、その両日だけは人にあふれていました。その多くは市民の方だったようです。ローカルに閉じたイベントだなぁと思えるのですが、それは異なる見方もできると感じてきました。
    多くのアートプロジェクトの模範例となっている新潟県の越後妻有「大地の芸術祭」でさえ、最初は現代アートに積極的でない地域が多かったと聞いています。それだけこうした地域に根ざしたアートプロジェクトをやろうということは難しさがあるということだと思います。
    しかし、ウルトラアートの関係するイベントは、実は昨年から少しずつ色々な場所で実施されていて、それぞれの地域で地元の参加者を多く集めてきました。これは地元の理解が着実に広まっているということを示します。また、今後も能美市で実施されてない地域を中心にアートイベントが展開されていくという話を考えると、しだいにアートは能美市全体の共通認識となり、住む人みんなが何かしらのアートを楽しむ町になっている可能性があります(これはとても素敵ですよね!)。
    それは、来年2015年のウルトラアートフェスティバル(本祭)実施に対する、とても強いパワーになることは間違いありません。そして、そういったパワーが波紋のように市外、県外へ広がっていくのではないかとさえ思います。


  3. オープンイノベーションなアート
    ウルトラアートは、その根本にオープンな思想があります。それがシェアアートです。
    シェアアートは、クリエイティブコモンズ(CC)のライセンスルールを使って、アートをオープンに利用できるようにしようという考えです。シェアアートでは、作品そのものだけでなく、自分のシェアレベルに応じて「作品の作り方(設計図や製造メモ、レシピなど)」や「作品素材(aiデータや材料など)」まで提供可能になっています。オープンにしたければ、作品の写真の利用だけでなく、作り方と素材まで提供して、誰でも同一又は類似のアート作品を創り出すことができるというわけです。
    アーティストはオリジナリティが勝負だということは重々承知ですが、その一方で良いものを真似して(影響されて)様々な作品は創られてきているはずです。
    作品をオープンにし、誰もがアートに携われる時代。ウルトラアートは”一人一人がアーティストに”という考え方があります。まさにその実践になっています。
    今回の七夕縁日の作品群の多くもシェアアートとして公開される予定です。

ultra5

今後も、どんどんと色々な取り組みが実施される能美市のウルトラアート。(ボランティアベースになりますが)このアート事業に携わりたい人 は誰でも参加できます。能美市外の方でも構いません。

この可能性を一緒に楽しんでみませんか?ご興味がある方は、infoatultraart.jp(atは@に変更してお送りください)までご連絡ください。

今後も能美市ウルトラアートの応援をよろしくお願いします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。